医者

サインを見逃さない

健診で見つかることが多い糖尿病

悩み

国民病ともいわれる糖尿病ですが、正しく認識している人は少ないのではないでしょうか。糖尿病の初期は自覚症状がほとんどないため、気づかないでいる人や放置している人が多く見られます。検診や人間ドッグで発見されたり、他の病気を治療していて偶然発見されたり、無自覚のまま見つかることが多くなっています。最初は無症状でも何らかの症状が出るころには、血糖値がかなり高くなっていて、病気が進行していることもあるので、早急に治療を開始する必要があります。高血糖状態は全身の血管や神経、臓器に悪影響をおよぼします。長年血糖値のケアが不十分な状態が続くと、ある日突然血糖が急上昇して、糖尿病昏睡を起こすことがあるので注意が必要です。

全身に出る高血糖のサイン

糖尿病における高血糖のサインは、のどのかわきと多尿、体重減少が典型的な症状となっています。血液の中に糖があふれ出るので血液が濃くなり、のどがかわいて水を大量に飲むので多尿となります。糖尿病では常に体がブドウ糖不足になるため、体は脂肪や筋肉を分解してブドウ糖を作ろうとすることから、体重はどんどん減っていきます。目に出る症状では、高血糖が何日か続くと眼のレンズがふくらんで、老眼鏡をかけたように視力がぼやけることがあります。あとはカロリー不足やエネルギー不足による脱力感や、手足がしびれたり感覚が鈍くなる症状が出たりします。糖尿病は放置すればこわい合併症になる危険性が出てきます。できるだけ軽いうちに適切な治療をしていくことが大切です。

治療で使われている

看護師

末期まで進むと、病気の完治に未来はないと言えます。しかし、フコダインに末期がんの患者に有効的だと言われ始めてから、先が明るくなりました。自分の力で死滅させるので、免疫力の向上が期待できます。

詳細を確認する...

死ぬことが少ない

女性

昔と違い、今は最新の医療技術が普通に受けられるので、胃がんといった深刻な状態でも希望はまだ捨て切れません。早期発見をすれば、高い確立で完治が望めるため、行動は早めにした方が良さそうです。

詳細を確認する...