医者

治療で使われている

フコイダンを使った現在の治療法

看護師

フコイダンとは海草などのヌルヌルノ成分になります。海草が潮の流れから身を守るための柔軟性を作り出し、また微生物に食べられないようにバリアのような役割を果たしています。フコイダンは科学的には多糖類と呼ばれている、現在話題の物質になります。アガリスクやアロエの効果も多糖類によってもたらされています。 癌の患者さんの中には末期の患者さんもおられます。この末期のがん患者に対して現在フコイダン療法が効果的である事がわかってきました。癌の消滅のメカニズムであるアポートシスというものが、フコイダン療法には使われます。これは全ての細胞の中には自分を自分で消滅させるというメカニズムがあります。このメカニズムを応用した治療がフコイダン療法になります。

フコイダン療法を受けるには

癌の治療には、高齢者は手術が出来ない場合や、抗がん剤にも耐えられない患者さんが多くおられます。あるいは女性の場合で乳がんや子宮がんの場合は、それを摘出するのが抵抗をお持ちの方もおられます、このようになると他に手だてはなくなります。また抗がん剤による副作用もあります、正常な細胞もたたいてしまう事で髪の毛が抜けたり吐き気がしたりなどの限界性があります。 現在はアガリスクやプロポリスも話題になっていますが、アガリスクやプロポリスとはちがってフコイダンはがん細胞を直接攻撃をする事が出来ます。フコイダン療法は大学病院などの共同研究で現在も続けられていて、その治療を行う医師も増えてきています。フコイダン療法を専門とされている医院もあります。