医者

死ぬことが少ない

胃がん治療の歴史とは

女性

死亡者数の約半数はがんであるという事実がありますが、その中でも患者数が多いのが胃がんです。胃がんは、がんの部位によって治療法が異なってきます。以前では、全摘出する方法が用いられることが多かったのですが、胃がんの場合には、がんの部位によっては、全摘出をしなくても問題ないことがわかっており、比較的負担の軽い治療法が進められています。 胃がんであっても、胃のペースメーカーとなる場所にがんがない場合には、がんの部分のみを摘出してしまえば、胃の機能を維持したまま胃がんを治療することができます。 また、他の治療法として、放射線治療なども効果的に活用されており、より負担の軽い方法をとるようになっています。早期発見ができれば、このような治療法を駆使して、その後の生活を壊さずに回復されることも可能となっています。

胃がん治療とは

胃がんになると貧血が進んでしまったり吐き気がしたりして体力を消耗します。初期の胃がんであればすぐに手術をしてガンをとってしまえばよいですが初期でない場合には手術をして胃の3分の2をとったり、胃を全摘したりと体の負担も大きいものです。 手術後にリンパに転移をしたりすると抗がん剤で治療をしていきます。抗がん剤の副作用は避けられないものですが抗がん剤治療をしないと命に関わる事もあるので避けられない人が多くいます。 手術後は数ヶ月は薬の副作用で食欲がなかったりしますが少しずつでも食べる事も胃がん治療の1つです。胃がんになると定期的に病院で検査が必要ですし治療方針も経過を見ながらします。胃がんの治療は通院が主です。